ドリップコーヒーの味と水質

ドリップコーヒーが好きで、豆にこだわってるんです!という人は意外と多いですが、意外と水が盲点だったりします。水次第で味が変わる事を知らない人もかなり多いです。

今回は分かりやすく硬度を指標にします。(あくまでも個人的な感想です。)

硬度が高ければ高いほど、苦みが際立ちます。同じ豆でも軟水と硬水では明らかに味が異なります。逆に軟水だとまろやかで程よい酸味が出て、個人的に好きです。

苦みが特徴的ですが、次に酸味がも軟水と硬水で特徴的な差が生まれました。硬水では酸味が弱く、軟水だと比較的酸味が強いという感じです。

一概に、どっちの水がドリップコーヒーに適しているかは、好みの問題なので断定はできません。

苦いコーヒーが好きな方は硬水だし、マイルドで酸味も欲しい方は軟水が良いでしょう。国内の天然水や水道水は軟水がほとんどで、意識して欧米のミネラルウォーターを買わない限り、硬水に接する事はありません。そこで、敢えて硬水でドリップコーヒーを淹れてみると、自分の好みがはっきりするかもしれません。